本当に中小企業のために?

日本の発展のため、中小企業の後継者対策、中小零細企業の体力強化として、中小零細企業に対する税率の軽減等の措置をやめて、M&Aを容易にできるようにするとかって? 日本がなかなか成長しないのは中小零細企業が原因として経済評論家等がテレビで語っていた。政府もそう考えている?すべての中小零細企業が日本に生産性を阻害しているわけではない。
日本の中小零細企業の仕事を安い賃金で海外にシフトしたのは大企業で、そのおかげで体力をなくし、後継者が魅力を感じない業種になったのでは?安く海外に仕事移行し、それによる不良に対して文句ひとつ言えず、不良を二束三文で日本の零細企業に後始末をさせる資本力だけあって中身が何もない大企業がそもそも原因では?
中小零細企業は、海外より古い機械を使っても職人としての技術でより良い素晴らしいものができる。
大企業は、その中小企業等の社長である職人に技術力を適正評価しないで、なんとか安い賃金で吸収しようと力で脅す。
中小企業等の再編成してもさらに人のふんどしで相撲を取る大企業化になるだけで、日本伝統の技術を守れるわけではない。今の中小零細企業に欠けてるものは、デジタル化でもIT化でもなく、技術の適正な評価による適正な価値に対する対価を得られるかである。適正な見積額で仕事ができれば、魅力ある仕事になり後継者も育つ。生産性ばかりを世界中が競ってもいくつく果てある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です