キャッシュレス決済・消費者還元事業

Q  キャッシュレス決済・消費者還元事業とは何ですか。

A  キャッシュレス・消費者還元事業とは、令和元年10月1日の消費税増税に伴う需要平準化対策として、
  一定期間に限り、キャッシュレス手段を使ったポイント還元・割引を支援する事業です。

事業内容は下記のとおり
(1)消費者への還元
    ・令和元年10月1日から令和2年6月30日までの9ヶ月間について、消費者がキャッシュレス決済手段を用いて
          対象店舗にて支払いを行った場合、決済金額の一部を還元します。
      還元率・・・原則5%、大企業フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者(以下「中小事業者」
                            とする)の店舗(例:コンビニ)での購買の場合は、2%、本部直営の場合は0%

(2)決済端末等の導入補助
    中小事業者がキャッシュレス決済を導入する際に必要な端末等導入費用の1/3を決済事業者が負担する
       ことを前提に、残りの2/3を国が補助します。(実質タダ!)

(3)決済手数料の補助
    中小事業者は決済事業者に対して決済金額の3.25%以下の加盟店手数料を支払う必要がありますが、期間中、加盟店
       手数料の1/3を国が補助してくれます。

(4)キャッシュレス決済のメリット
   ・中小事業者・・・レジ締めの手間やコストが省けるなど生産性を高めることができます。
       ・消 費 者・・・ATMから現金を引き出す手間が省けます。

それでは、今回は中小事業者がキャッシュレス決済を導入するまでの手順を追ってみましょう。

①中小事業者はキャッシュレス決済事業の補助の対象になるかどうかの確認が必要です。
 補助の対象となる中小事業者は
    小 売 業   :資本金が5千万円以下 または 常時使用従業員人数50人以下
    サービス業   :資本金が5千万円以下 または 常時使用従業員人数100人以下
    製造業その他  :資本金が3億円以下   または 常時使用従業員人数300人以下 
    卸 売 業   :資本金が1億円以下   または 常時使用従業員人数100人以下
  ※ただし、直近過去3年分の課税所得の年平均額が15億円を超える中小事業者は補助の対象から除かれます。
      ↓
②本事業の補助の対象になることが確認できたら、契約したい決済事業者を選び、キャッシュレス決済に対応した決済端末の導入しましょう。
      ↓
③そして、決済事業者を通して中小事業者としての登録をしてもらいます。
      ↓
④キャッシュレス決済の開始 

今後、キャッシュレス決済の増加が見込まれますので、この機に対応できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です