リース・レンタル・割賦の違いとは?

リース、レンタル、割賦の違いとは?

リース取引(法人税法上) レンタル取引 割賦取引
対象物件 ユーザー指定 レンタル物件から選択 自己選択
所有権 リース会社 レンタル会社 完済後自己所有
中途解約 原則不可 原則可能 原則不可
(解約時は相当額の違約金) 契約による (残債支払いで可)
税金 リース会社 レンタル会社 自己
保守保全 ユーザー(保守契約等) レンタル会社 自己
満了後 再リース・返却 新たな契約・返却 自己
契約期間 耐用年数の70%以上 契約による 契約による
(10年以上のものは60%以上)

 

中小企業において、所有権移転外ファイナンス・リース取引については売買処理ではなく、賃貸借処理を採用することができます。

法人税法上のリース取引が売買があったとされる場合には、その賃借人は、そのリース資産を自己の資産としてリース資産の区分に応じて、所有権移転外リース取引はリース期間定額法、それ以外のリース取引は資産の種類に応じてその法人が選定している償却方法で償却します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です