28年度税制改正の概要(法人課税)

28年度税制改正(法人課税)の概要

 

①税率の引下げ

   法人税率が23.4%(従前:23.9%)

   法人事業税所得割が3.6%(従前:6%)

   国・地方の法人実効税率が29.97%(従前:32.11%)

   ※平成2841日以後開始する事業年度より適用

:資本金500万円、所得金額10,000,000円のH28.4.1H29.3.31の税金

        改正前                                  改正後

法人税 

8,000,000×15%=1,200,000               8,000,000×15%=1,200,000

       2,000,000×23.9%=478,000               2,000,000×23.4%=468,000

       1,678,000                          1,668,000

地方法人税

 1,678,000×4.4%=73,832=73,800         1,668,000×4.4%=73,392=73,300

       73,800                            73,300

事業税 

   4,000,000×3.4%=136,000              4,000,000×3.4%=136,000

       4,000,000×5.1%=204,000              4,000,000×5.1%=204,000

       2,000,000×6.7%=134,000              2,000,000×6.7%=134,000

       所得割計474,000                    所得割計474,000

       474,000×43.2%=204,768=204,700      474,000×43.2%=204,768=204,700

       678,700                          678,700

都民税

  1,678,000×12.9%=216,462=216,400     1,668,000×12.9%=215,175=215,100

      70,000                              70,000

      286,400                          285,100

      税金総合計2,716,900                税金総合計2,705,100

 

 ちなみにH23.4.1H26.9.30の税金は

法人税 

8,000,000×15%=1,200,000              

       2,000,000×25.5%=510,000              

       1,710,000                         

 

 

 

 

事業税 

   4,000,000×2.7%=108,000

       4,000,000×4.0%=160,000

       2,000,000×5.3%=106,000

       所得割計374,000

       374,000×81.0%=302,940=302,900

       676,900

都民税

  1,710,000×12.3%=210,330=210,300

      70,000                        

      280,300

      税金総合計2,667,200

 

②生産性向上設備投資促進税制の見直し

   機械装置など50%特別償却又は4%税額控除(従前:即時償却又は5%税額控除)

   建物・構築物25%特別償却又は2%税額控除(従前:即時償却又は3%税額控除

   ※平成2841日以後に取得等をする資産について適用

   ※平成29年度に廃止

③減価償却資産・償却方法の見直し

   建物付属設備・構築物は定額法(従前:定額法又は定率法)

   ※平成2841日以後に取得等をする資産について適用

例:ボイラー設備、取得価額100万円、耐用年数15年の場合

定額法

  償却率0.067  初年度償却費 67,000

定率法

  償却率0.133  初年度償却費133,000

 

④欠損金繰越控除の見直し

   控除限度(大法人)

   平成28年度は所得の60%・繰越期間9年(従前:所得の65%・繰越期間9年)

   平成29年度は所得の55%・繰越期間9年(従前:所得の50%・繰越期間10年)

   平成30年度は所得の50%・繰越期間10年(従前:所得の50%・繰越期間10年)

   ※平成2841日以後開始する事業年度より適用

⑤法人事業税(地方税)の外形標準課税の拡大

   所得割3.6+付加価値割1.2%+資本金等の額の0.5

   (従前:所得割4.8+付加価値割0.96%+資本金等の額の0.4

   ※平成2841日以後開始する事業年度より適用

   ※所得割の税率に地方法人特別税の税率含む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です